パソコンのグラフ

経理代行を導入して経理担当スタッフを社外で確保しよう

いろいろグラフ

スタッフの増員について考えるのは、仕事が増えてきて現在の人数のスタッフだけでは足りないと判断した場合です。しかし、アウトソーシングサービスの利用を考慮に入れて人材対策を考える場合は、外注業者に業務を任せることを前提にして採用する人数を絞るというやり方も可能です。例えば、事業拡張に伴い、経理の担当者を新規で雇用する、あるいは増員するという考え方も出来ますが、経理代行を導入する前提で事業拡張を進め、経理スタッフの採用を差し控えることにしても良いでしょう。実際、最近は外注利用で対処可能な業務の範囲が非常に広いこともあり、人手をどうするか検討する際の選択肢として、採用よりも外注業者に力を入れるというのも良いでしょう。経理代行を導入すれば、記帳はもとより、幅広い経理周りの仕事を業者に外注して任せてしまうことが可能です。記帳を頼む場合は領収書や通帳写し、または請求書等の文書を業者に提供して、記帳処理を依頼するという流れになり、依頼の仕方も簡単です。外注利用は業者担当者の指導監督の手間が増えるので、却って面倒と考える会社も少なくないですが、経理代行サービスに関しては特にそうした面倒もなく、便利に活用できるでしょう。

TOP